ある日の東洋史学演習7-2(12月14日)

今日もいいお天気ですね。とうとう、年内最後のゼミになりました。

今週の発表は、D3の王さんです。タイトルは以下の通りです。
「唐代軍礼の形式化過程をめぐって―射礼を中心にして」
今回の報告は、軍礼研究の一環として「射礼」に焦点をあて、その歴代の変容を外観したうえで、射礼が軍礼に分類されることの意味について考察したものでした。

元来、嘉礼であった射礼が、唐代では軍礼に分類されるのはなぜか?というのが、射礼という儀礼の位置づけを考える上で最大の問題です。宋代に入ると射礼はまた嘉礼に戻っていく…ということは、胡族的な要素が射礼を軍礼にしたのか?軍事訓練と射礼はどのような関係なのか?唐代ではどのような時に射礼が行われるのか?などなど、疑問は尽きません。いずれも、大きな今後の課題となりそうです。

また、王さんの最新の研究成果については、
「唐代軍礼における「献俘礼」の基本構造」(『史観』167、2012)
を、併せてご覧ください。

ではみなさま、少し早いですが、よいお年をお迎えください。

[PR]
by 1009-members | 2012-12-14 13:49 | 授業風景
<< 唐代史研究会夏期シンポジウム... ある日の東洋史学演習7-2(1... >>