ある日の東洋史学演習7-1(6月15日)

9日から梅雨入りしたそうですね。すっかり雨続きです。

さて、今週の発表はD3の王さんです。タイトルは以下の通りです。
「唐宋軍礼の構造とその意義―献俘礼を中心として」
王さんは唐から宋への礼制構造の転換を研究されてきましたが、今回の発表は軍礼の一つである献俘礼の礼制上における位置づけから、礼制の転換を考察されています。

質疑応答では、献俘礼の手続きや内容などの礼的定義や、北宋の献俘礼について、詳しく考察した方が良いとの指摘があがりました。唐から宋へ変遷が見られるのならば、どのようなプロセスなのかも気になるところですね。
[PR]
by 1009-members | 2012-06-16 18:53 | 授業風景
<< ある日の東洋史学演習7-1(6... ある日の東洋史学演習7-1(6... >>