ある日の東洋史学演習7-1(6月1日)

早くも6月となってしまいました。
最近、日中のアパートのベランダに野良猫たちがたむろしているのを発見し、しばしの心の癒しにしていたのですが、連日の雨のせいか、ここ数日は姿を見せず、何とも寂しいものです…。

今週の発表は、D3の林さんです。タイトルは以下の通りです。
「唐代前期における馬政と閑厩馬」
林さんはこれまで、北衙の拡大過程を政治史と関連づけながら研究されてきましたが、今回の報告は北衙の制度的運用面へと問題関心を移し、特に北衙に不可欠な馬の供給体制を考察した内容でした。

質疑応答では、『唐六典』、『天唐令』不行唐令に見える条文や、語句の解釈について質問があがりました。律令には解釈が様々に行える余地があるだけに、扱いの難しい史料でもあることを改めて感じました。

[PR]
by 1009-members | 2012-06-01 22:14 | 授業風景
<< ある日の東洋史学演習7-1(6... ある日の東洋史学演習7-1(5... >>