ある日の東洋史学演習7-2(12月9日)

今週の演習が今年最後の演習となります。
したがって、本ブログも今回が今年最後(?)の更新となります。

さて、今週の発表者は李ゼミD1の植田さんです。発表タイトルは以下の通りです。
「唐人墓誌からみえる羅唐戦争:補論」
今回の植田さんの発表は、10月に本学で開かれた史学会の発表に加筆した内容でした。これまで文献史料の情報が錯綜していたために、戦争の進行過程が不鮮明であった羅唐戦争を、出土史料を交えて詳細に検討したものです。質疑応答では、主に唐軍の組織構成や行軍ルートなどについて様々な意見や疑問が寄せられました。

ということで、今年最後の演習も無事終了しました。
本ブログの更新を今か今かと毎夜楽しみにしてくださっていた読者のみなさま、
今年もありがとうございました!そして来年もどうぞよろしくお願いいたします。
[PR]
by 1009-members | 2011-12-09 22:38 | 授業風景
<< ある日の東洋史学演習7-2(1... ある日の東洋史学演習7-2(1... >>