唐代史研究会夏期シンポジウム「『隋唐帝国』論」

今年もこの時期がやって参りました!
…って、ずいぶん経ってからこっそり過去日記を書いていることは内緒です。汗。
日期:2011年8月22日(月)~24日(水)
会場:文部科学省共済組合箱根宿泊所 四季の湯強羅静雲荘
   〒250-0408 神奈川県足柄下郡箱根町強羅1320
   ℡:0460-82-3591(8:30-18:00)
URL:http://www9.ocn.ne.jp/~seiunsou/
昨年と同様の場所で開催です。この旅館、ごはんがおいしいですが、だんだん、基本メニューは毎年一緒なのではないだろうか、という疑惑を抱き始めました。笑。

さて、シンポジウム報告は「「隋唐帝国」論―形成・影響・本質」をテーマに、5本の報告が行われました。詳細は下記をどうぞ。



唐代史研究会2011年夏期シンポジウム「『隋唐帝国』論―形成・影響・本質」

【スケジュール】
8月22日 13:00     集合・受付
     14:00-15:30 川合安「南朝史からみた隋唐帝国の形成」
     15:30-17:00 前島佳孝「西魏・北周・隋初時期における領域統治体制について」
     17:00-18:00 総会
     18:00-     夕食
       
8月23日 08:00-     朝食
     10:00-12:00 堀井裕之「唐朝政権の形成と太宗の氏族政策」
     12:00-13:30 昼食
     13:30-15:00 赤羽目匡由「新羅真徳王五年中央官制改革の意義」
     15:00-16:30 榎本淳一「隋唐朝の朝貢体制の構造と展開」
     16:30-18:00 総合討論
     18:00-     夕食

8月24日 解散

[PR]
by 1009-members | 2011-08-24 21:00 | 唐代史研究会
<< September 9th, ... ある日の東洋史学演習7-1(7... >>