ある日の東洋史学演習7-1(6月24日)

いよいよ本格的に暑くなってきました。
最高気温が30℃を越えると、どうしてもエアコンのスイッチに手が伸びます…。

さて、今週の発表者はD2の王さんです。タイトルは以下の通りです。
「唐代軍礼における皇帝権力について」
本発表で王さんは、『大唐開元礼』のなかでも軍礼の進行過程を分析し、そこでの皇帝の役割を明らかにすることで、「軍事儀礼」が、皇帝権力の視覚化にどのように関わったのかを考察しました。

質疑応答では前代・後代の王朝との差異や、「唐の軍事儀礼は、同盟軍として戦闘に参加した「外国軍」をも包括するものなのか」等々の質問が寄せられました。
[PR]
by 1009-members | 2011-06-24 21:52 | 授業風景
<< ある日の東洋史学演習7-1(7... ある日の東洋史学演習7-1(6... >>