【講演会】円仁石刻と古代の日中文化交流

明けましておめでとうございます。
本年も、石見ゼミと研究室ブログをどうぞよろしくお願いいたします。

さて、先生が、何やらせっせとパワーポイントを作成しておられたので、理由をそっとお尋ねしたところ、ポスターを1枚頂戴しました。それによりますと、以前、このブログでも少しご紹介した(2010年7月15日の記事をご参照下さい)例の「円仁」という名の入った石版に関して、近々、大々的な講演会が行われるのだそうです。

平成22年度國學院大學文化講演会
「円仁石刻と古代の日中文化交流―法王寺釈迦舎利蔵誌の史料性と史実―」

日時:2011年1月23日(10:00~18:30)
会場:國學院大學渋谷キャンパス 120周年記念2号館2104教室(1F)

この中で、石見先生は「唐代石刻の避諱と空格」というタイトルでご報告されます。
(時間は、プログラム上は15:10~15:30を予定しているようです)

詳細は國學院大學のHP内、こちらのページでご確認下さい。
(受講には、事前申し込みが必要のようです…当日参加はダメなのかしら)
國學院大學「文化講演会」のページ
[PR]
by 1009-members | 2011-01-15 18:17 | 学会・シンポジウム
<< ある日の東洋史学演習7‐2(1... ある日の東洋史学演習7‐2(1... >>