ある日の東洋史学演習7‐2(11月26日)

M2たちが授業に出なくなると、急に人が減ったように感じます。
「ゼミってのは本来、これぐらいの人数だよね」としれっと先生が言いました。笑。

本日の発表者は、近藤ゼミからの履修者である、M1の福島さんです。
「南宋初混乱期における武装集団について」
南宋初期における、朝廷のコントロール下にない武装集団の集合離散を分析することによって、彼らの動向がどのように南宋成立に関わっていたのかを考察する、というのが福島さんの研究テーマです。今回の発表では、どのような性質を持つ軍事勢力が当該時期に存在したかを確認し、個別具体的な事例を紹介してくれました。

今日は参加者が少人数だったこともあり、いつも以上に和気藹々と意見交換が行われました。研究の手法について、この先、きっと悩むこともあるのでしょうが、たくさんの可能性のある分野ですから、今後の展開を一同、期待しております。
[PR]
by 1009-members | 2010-11-26 19:18 | 授業風景
<< ある日の東洋史学演習7‐2(1... ある日の東洋史学演習7‐2(1... >>