ある日の東洋史学演習7-2(10月22日)

今回の発表者は、外国人研究員として工藤ゼミに来られており、石見ゼミの授業にも参加されている、鄭東俊さんです。タイトルは以下の通りです。
「古代東アジアにおける律令の伝播と変容についての試論
―高句麗・百済令における所謂「泰始律令継受説」をめぐって―」
今回の発表では、鄭さんが「史学会」で発表される予定の内容を中心に、お話しいただきました。鄭さんは、近年盛んになってきている出土文字史料による秦漢律令の研究や、宋天聖令の発見に基づく唐令の復元研究などを受けて、高句麗・百済令における「泰始律令継受説」について再検討されています。

詳しくは、11月7日に東大で行われる史学会での、鄭さんの発表をお楽しみに!
[PR]
by 1009-members | 2010-10-22 13:06 | 授業風景
<< ある日の東洋史学演習7-2(1... ある日の東洋史学演習7-2(1... >>