第3回中国石刻合同研究会

今夜は、もう一つ、一週間後に迫った研究会のお知らせです。
明治大学で開催されるこの研究会で、石見先生が報告を行います。




第3回中国石刻合同研究会
日時:2010年7月24日(土)           
会場:明治大学アカデミーコモン地階 博物館教室     
(駿河台キャンパス、JRお茶の水駅徒歩3分・地下鉄神保町駅徒歩5分)

《タイムスケジュール》

10:20       開会挨拶 氣賀澤 保規(明治大学)  総合司会:江川 式部(明治大学)
10:30~11:15   石野 智大(明治大学):西安碑林博物館蔵「荔非明達等四面造像題名」考
11:15~12:00   石見 清裕(早稲田大学):ソグド人墓誌と北朝末期の華北
12:00~13:00   昼食・休憩      
13:00~13:45   徳泉 さち(早稲田大学):石碑の装飾意匠の変遷―穿に注目して―
13:45~14:30   宮崎 洋一(広島文教女子大学):顔真卿撰書「八関斎会報徳記」について
14:30~15:15   兼平 充明(青山学院大学):近年の五胡~北魏初期の墓誌史料に関する研究動向
15:15~15:30   午後の休憩 
15:30~16:15   中村 圭爾(相愛大学):買地券と墓誌の間
16:15~17:00   記念講演 沈 慶昊(高麗大学教授・明治大学客員教授):高麗朝鮮の墓碑と墓誌
17:00~17:45   総合討論・質疑応答  コメント:高橋継男(東洋大学)・氣賀澤保規
18:00~       懇親会(明治大学・リバティタワー17階・師弟食堂)

[PR]
by 1009-members | 2010-07-16 20:00 | 学会・シンポジウム
<< 唐代史研究会夏期シンポジウム「... ある日の東洋史学演習7-1(7... >>