ある日の東洋史学特論13(6月30日)

あと1ヶ月で夏休みです!7月下旬には、ゼミ飲みや前期納会が立て続けにありますが、学生諸君はお酒に飲まれないように気をつけましょう!

さて、今週はゼミがお休みになりましたので、水曜日の授業の様子をお伝えします。

水曜2限の授業は、今年も多くの方が参加されて賑わっています。
前期は北周の「康業」墓誌を読んでいましたが、今週はちょうど墓誌を読み終わったので、次回読むテキストの、下準備のような講義内容になりました。次回(前期ラストの授業になります)は、イレギュラーではありますが、「康業」墓誌に登場する「大天主」というタームつながりで、「翟曹明」という人物の墓誌を読むそうです。

担当は、近藤ゼミから参加しているM1の福島さんに白羽の矢が立ちました。
「なんだか今回は当たる気がしていました…」という福島くん。
まだちょっと時間に余裕があるので、準備、頑張ってください♪
[PR]
by 1009-members | 2010-07-02 18:45 | 授業風景
<< ある日の東洋史学演習7-1(7... 【新刊】『アジア学のすすめ 第3巻』 >>