ある日の東洋史学演習7-1(6月25日)

湿度の高い、蒸し暑い日が続きますが、みなさまいかがお過ごしでしょうか?
さて、本日の発表者はD1の林さんでした。発表タイトルは以下の通りです。
「唐代後期北衙禁軍の形態とその変遷」
林さんは、修士課程の頃から、唐前半期の北衙禁軍に焦点をあて、宮廷政変との関わりから前期北衙の実態を明らかにしてきました。博士課程入学後、初めてのゼミ発表となった今回は、対象となる時期を唐後半期にまで広げ、唐代前期・後期禁軍制度比較のための、第一歩を踏み出されたようです。

質疑応答では、授業時間を軽くオーバーするほど多くの質問・意見が寄せられ、活発な議論がなされました。
[PR]
by 1009-members | 2010-06-25 19:23 | 授業風景
<< 【新刊】『アジア学のすすめ 第3巻』 ある日の東洋史学演習7-1(6... >>