ある日の東洋史学演習7-1(6月18日)

最近は気温もどんどん上がり、夏が近づいてきているのが実感できますね。
あと一ヶ月で夏休み!でも修論全然進んでない!(ブログ更新は現在M2が担当中)というのは置いといて…

本日の発表者は、D1の王さんでした。発表タイトルは以下の通りです。
「軍事儀式における唐代の皇帝権力
『大唐開元礼』軍礼篇の「類」儀式から「禡」儀式へ」
王さんは修論以来、唐代の軍礼について研究されています。
今回は、その中でも皇帝が親征する際の儀礼である「類」と「禡」を中心とした発表でした。

何しろ煩雑な「儀礼」ですから、耳慣れない言葉も多く、理解するのは大変でしたが、儀式の具体的な進行についてだけでなく、先生による唐代の儀礼用語の解説などもあり、聞く側にとっても収穫の多い発表となったように思います。
[PR]
by 1009-members | 2010-06-18 21:01 | 授業風景
<< ある日の東洋史学演習7-1(6... 【新着】「天聖令研究の新動向」 >>