ある日の東洋史学演習7-1(6月11日)

6月も中旬になりましたが、良い天気が続きますね。
梅雨入りはいつになるのでしょうか?
水不足と野菜の値段が上がるのが心配(一人暮らしには切実!)な今日この頃です。

さて、今日の発表者は吉田さんでした。発表タイトルは以下の通りです。
「東魏・北斉における鄴と晋陽」
今回の発表は、吉田さんがこれまで研究を進めてこられた、東魏、北斉の二都制の問題をさらに深めたもので、地図や表を駆使した発表に圧倒されてしまいました。

質疑応答では、地図や表に関する質問や、他の時代・地域の状況からの意見が出され、聞いている側は発表だけでなく、質問、意見からもたくさんのことを学べたように思います。
[PR]
by 1009-members | 2010-06-11 22:04 | 授業風景
<< 【新着】「天聖令研究の新動向」 ある日の東洋史学演習7-1(6... >>