ある日の東洋史学演習7-1(6月26日)

6月も終わりに近づき、寝苦しい夜がやってきました。
クーラーの効いた図書館での昼寝が、最近の楽しみです。

さて、本日の発表者は李ゼミからの受講生である植田さんでした。
発表タイトルは以下の通りです。

「百済・高句麗滅亡後の新羅・唐の関係について―羅唐戦争を中心とした考察―」

植田さんは「なぜ、新羅は大国、唐の軍を退け朝鮮半島を支配できたのか」という疑問をきっかけに、唐と新羅の戦争に注目してきました。現在は、「そもそも唐と新羅の戦争はどのような性格のもので、どれほどの期間にわたって行われたのか」といった、基本的な部分を洗いなおす作業を出発点として当時の国際関係を研究しており、今回は、卒論の概要を中心に発表してくれました。当時の国際関係の一端を、中国側からでなく朝鮮半島の側から見る今回の発表は、我々にも興味深いものでした。

質疑応答では、定義の確認やレジュメ中の表に関する鋭い質問、また、発表中に出てきた人物の墓誌があるよ、といった石見ゼミならではの情報もあり、短い時間でしたが、活発な意見の交換がなされました。
[PR]
by 1009-members | 2009-06-26 22:50 | 授業風景
<< ある日の東洋史学演習7-1(7... ある日の東洋史学演習7-1(6... >>