ある日の東洋史学演習7-1(5月29日)

今日は朝から激しい雨で、首都圏ではお決まりのように電車が遅れました。
当然、通学意欲は雨脚と反比例します。ははは(乾いた笑い)

さて、本日の発表者は王さんでした。発表タイトルは、以下の通りです。
「唐代における皇帝親征と大将出征の太社祭祀について
      -『大唐開元礼』の軍礼をめぐって-」
『大唐開元礼』は、唐玄宗期に編纂されたもので、150巻からなり、吉礼(78巻)・賓礼(2巻)・嘉礼(40巻)・軍礼(10巻)・凶礼(20巻)に分類されます。『大唐開元礼』は、礼制研究において非常に重要な地位を占めているのですが、特に「軍礼」はほとんど研究されておらず、まだまだ研究の可能性が残される分野です。

王さんは修士論文で、「軍礼」に焦点をあて、国家祭祀の一部である皇帝親征と大将出征の太社における祭祀活動を比較した上で、両儀式の差異を明らかにしようとしています。今回の発表では、出発前に行われる祭祀活動である、「類」「宜」「告」の内容や、祭祀の際の皇帝や役人の動きを、図示しつつ報告していただきました。

文字史料のみから、祭祀の時の人物や物の配置を復元するのは、非常に大変な作業です。「右」と書かれていても、どこを基準に「右」と指しているのか、すぐには判断できません。今日の発表は大変濃い内容でしたが、これでまだ史料の1/10程度ということで、それだけでも、軍礼の内容を解明するのは容易ではないことが解ります。
[PR]
by 1009-members | 2009-05-29 23:00 | 授業風景
<< ある日の東洋史学演習7-1(6... ゼミページ復旧のお知らせ >>