<   2011年 01月 ( 3 )   > この月の画像一覧

ある日の東洋史学演習7‐2(1月21日)

「寒いから、もうちょっとお布団でぬくぬくしたい…」
という気持ちを抑えて、今日も元気に教室までやってきました!

本日の発表者は、博士課程1年の王さんです。タイトルは以下の通りです。
「唐代における戦争終了段階に行われる儀礼の一考察」
王さんは修士論文で『大唐開元礼』の軍礼について研究を行いました。今回は、軍礼の中の一項目に挙げられている「献俘」という儀式について発表していただきました。唐代では戦の直後にいくつかの儀式が行われますが、「献俘」とは戦勝後に捕虜を捧げる儀式のことを指します。王さんはその儀式の様子を明らかにすることで、前近代の「いくさ」がどのようなものであるかを明らかにしていこうとしています。

さて、今日が今年度最後のゼミとなりました。
次のゼミは4月です。新しい1年生は我がゼミにやってくるのでしょうか!?

ではでは、「楽しい」春休みを(^^)/
[PR]
by 1009-members | 2011-01-21 17:39 | 授業風景

【講演会】円仁石刻と古代の日中文化交流

明けましておめでとうございます。
本年も、石見ゼミと研究室ブログをどうぞよろしくお願いいたします。

さて、先生が、何やらせっせとパワーポイントを作成しておられたので、理由をそっとお尋ねしたところ、ポスターを1枚頂戴しました。それによりますと、以前、このブログでも少しご紹介した(2010年7月15日の記事をご参照下さい)例の「円仁」という名の入った石版に関して、近々、大々的な講演会が行われるのだそうです。

平成22年度國學院大學文化講演会
「円仁石刻と古代の日中文化交流―法王寺釈迦舎利蔵誌の史料性と史実―」

日時:2011年1月23日(10:00~18:30)
会場:國學院大學渋谷キャンパス 120周年記念2号館2104教室(1F)

この中で、石見先生は「唐代石刻の避諱と空格」というタイトルでご報告されます。
(時間は、プログラム上は15:10~15:30を予定しているようです)

詳細は國學院大學のHP内、こちらのページでご確認下さい。
(受講には、事前申し込みが必要のようです…当日参加はダメなのかしら)
國學院大學「文化講演会」のページ
[PR]
by 1009-members | 2011-01-15 18:17 | 学会・シンポジウム

ある日の東洋史学演習7‐2(1月14日)

寒中お見舞い申し上げます!
修士論文執筆組が復帰して、久しぶりに大人数のゼミとなりました!

本日の発表者は、博士課程1年の林さんです。タイトルは以下の通りです。
「唐の蕃将と前期北衙」
林さんはこれまで、唐代前期北衙の発展過程について分析し、整合的な解釈を提示してきましたが、その分析過程において、歴代の北衙将軍の中に、少なからず「蕃将」が混在していたことが明らかになりました。今回は、蕃将が北衙の中でどのように位置づけられるのか、という点について発表していただきました。

発表では、先行研究を整理し、史料上に見える蕃将の事例をいくつか提示してその存在形態についての考察を述べられていましたが、蕃将については、まだまだ曖昧な部分が多いようです。今後、どのように蕃将とつき合っていくのか(笑)難しいところですが、北衙を総合的に研究していく上で、クリアしなくてはならない問題の一つでもあります。

これからさらに研究を深めて、首尾よく「蕃将」を捕まえて下さい!
[PR]
by 1009-members | 2011-01-14 22:52 | 授業風景